Breaking News

ネットでの婚活情報に惑わされないために







ネットでは毎日のように恋活や婚活に関する情報があらゆるところで見られます。余りにも多くの婚活や恋活の情報に接し,多くの読者はそれに影響され,振り回されているのが現状です。すなわち婚活に関して,ご自分の正確な条件,状況を失い,多くの情報を頭一杯に詰め込み,理想の相手を探そうとします。


ハッキリ言ってネットで書かれているような理想の相手など見つかりません。もしいてもそのような人は既に結婚しているか、相手がいます。
またネットでの多くの婚活情報の氾濫の前で,読者は自分の興味のある,自分の都合の良い情報しか読まなくなります。



例えば婚活中或いは結婚したいアラフォーの女性と男性がいたとします。ネットで下記の2つのタイトルのブログがあれば,アラフォーの婚活中の男女はどちらのタイトルを読む確率が高いと思いますか?





性のタイトル

1.41歳の私でもたいへんハイスペックな男と結婚できた訳


2.アラフォー女性のたいへん厳しい婚活の現状





男性のタイトル

1.40代中年オヤジでも20代の若い女性と結婚できたその理由とは


2.40代の男が結婚出来る確率は驚くほど低い。結婚はもはや絶望か?




答えは明白です。男女とも圧倒的に1番を読みます。誰も2番の現状の厳しい婚活状況を再認識したくない。1番の夢のある,可能性のあるブログのタイトルを読み,婚活の励みにしたい,結婚できる夢を持ち続けたい。当然です。


その結果どうなるか? 男女ともいつまでも自分の条件を下げようとせず,妥協せず,高望みのまま相手を探すことになります。待てばいつか必ず良い相手に巡り合える,このように思うようになります。


しかしハッキリ言って現実はそのように甘くありません。1のようなケースはたいへん稀なケースで実際3~4年に一度あるかないかのレアケースなのです。以前私が結婚相談所をしていた時もこのようなプロモーションをしていたのでよく分かります。


しかし読者にはそれが3~4年に一度あるかないかのレアケースなのかどうか分かりません。PRする方はそのようなケースは普段よくあるケースのように書くのでこのようなプロモーションはたいへん有効です。



しかしあなたは99%は可能性がなく、たった1~2%の出会いに賭けますか? 私から言えば決して賢明な婚活方法ではないです。やはりご自分を再認識し,妥協出来る所は妥協し,また別の出会いの機会を増やす,普段出会いの無い状況から出会いのある状況を作る,このような方法で出会いの機会を多くして,結婚に結び付けるチャンスを作るべきです。




その意味でも日本に生活する外国人との出会い・婚活も一つの結婚に結び付ける方法だと考えています。ぜひ一度日本在住の外国人との婚活も考えて下さい。













0 件のコメント