Breaking News

国際結婚する前に知っておいて欲しいこと





国際結婚は女性にとりある意味憧れであるかも知れません。カッコ良く,イケメンで,育児も積極的で,欧米スタイルの生活,ハーフの可愛い子供,など色々な理由があると思います。


現実に国際結婚は増えています。又今後とも増え続けるでしょう。一部に国際結婚は減少していると書かれていますが,これは以前あった中国女性や東南アジアの女性と日本男性との業者を通じた国際結婚が減少したのでそのように書かれているだけで,個人の日本人と外国人の国際結婚は増え続けており,またこの傾向は今後とも増え続けると思います。


また国際結婚でも当然離婚は発生します。今回国際結婚で離婚を少なくするため,或いは国際結婚にあまり適さない方についてご案内します。



性格(明るく,前向きな女性は好まれ,暗く,消極的な女性は離婚の可能性が高まる)


私がアメリカに留学している時にある時日本レストランでウエイターをした経験があります。そこにはアメリカで生活している日本女性も働いており,中にはアメリカ男性と離婚した日本女性もいました。


そこで感じたのはアメリカ生活に馴染めず,英語も上達せず,アメリカ社会に入れない,アメリカ人の友人を持てない場合,孤立し,離婚の確立が高まるのではないかと感じました。中には現地の日本人社会にとっぷりと入る日本人も多くいますが,個人的にはあまり賛成できません。


日本人は日本人同士固まる傾向にありますが,やはりその国の社会に入り,その国の文化や生活を学習することでその国で生活するのが楽しくなります。


それには性格的に積極的で前向きな女性が上手く行くと思います。当然外国人と結婚したら文化や生活習慣の色々な違いに接します。またそれによりいろいろな問題が発生します。


しかしそれは当然のことです。それを前向きに積極的に取り入れることの出来る人は上手く行きますが,それを不満と捉える人は国際結婚の継続が難しいと思います。





お金の件


日本では結婚すると旦那は奥さんに家計をすべて任せます。すなわち奥さんが家計を全てコントロールします。しかしアメリカでは日常の生活費などは奥さんが自由に決めますが,大きな買い物などする場合は必ず旦那の了解を取る必要があります。これを勝手に奥さんが決めて買うと大きなトラブルの元になります。





異文化に対する柔軟性


どの国においてもそれぞれの文化,風習,制度,生活,伝統などは異なります。外国人と結婚する場合,相手国の文化,風習,制度,生活,伝統などを尊重し,日本の文化,風習,制度,生活,伝統などと上手く融合させる必要があります。日本の制度のみを尊重し,相手国の価値観を下に見るならば決して結婚は上手く行かないでしょう。





親子の関係      
実は国際結婚で一番問題になり,離婚に至るケースが多くなるのは親子の関係の問題です。すなわち女性は国際結婚しても親と子の関係を日本人の価値観の親子の関係を築こうとします。これが一番多くの問題点を抱えています。


日本人同士結婚すると育児は母親に任せて,子供は母親の影響が強くなり,母親と子供の関係はたいへん密になり,逆に父親と子供の関係はある意味希薄になりがちです。日本女性は国際結婚してもこれが自然だと考えます。


しかし国際結婚では子供に対する父親と母親の関係・距離は同じです。それゆえ日本人女性が母親として当然のように考える緊密な子供と母親の関係を築こうとすると父親である男性とのトラブルになりがちです。


逆にアメリカでは結婚すれば夫と妻の関係が一番大切で,そのあとに両親と子供の関係が来ます。それゆえ国際結婚を考えている女性がいれば,日本女性が従来持っている親子の関係を見直す必要があると思います。


日本も何年か前にハーグ条約に加盟しましたが,アメリカなどでは子供を勝手に自国に連れて帰り,そのままにしておくと誘拐罪という大変重い刑になることを理解する必要があります。理解して下さい。子供は母親の持ち物ではありません。夫婦が共に協力して育てていくものです。




専業主婦


海外では女性は働くのは同然と考えられています。日本では旦那がそれなりの収入があれば専業主婦を希望する女性が多くいますが,海外では女性は結婚しても働くのが当然だと考えられています。


それゆえ結婚し,子供が生まれてもずっと専業主婦を希望するなら国際結婚は向いていないかも知れません。東京で欧米男性と日本女性との国際結婚紹介をしていた時に欧米男性と日本人女性との一番の違いはこの点でした。


日本人女性は欧米のエリート男性と結婚して専業主婦でゆったりとした良い生活をしたいと考えるのに対し,欧米男性の考えはストレートです。


家政婦さんと結婚する気はない。家事・洗濯などなら家政婦を雇えばよい。結婚相手にはお互いに刺激しあって,お互いの価値を高めたい.其のためのパートナーを求めている。




階級社会


国際結婚を考えられる場合多くのケースで階級社会・階級制度を考える人はあまりいないと思います。しかし歴然とあります。自由の国のアメリカにもあります。私がアメリカに留学し,アメリカ人家庭にホームステイしていた時,奥さんから自分たちはミドルクラスとアッパーミドルクラスの中間くらいかな,と言って,それを聞いて驚きました。

その当時日本はちょうど高度成長期の初めの頃で,まだそれ程豊かではなく,階級意識などほとんどの人は持っていなかったと思います。しかしアメリカではその当時から明確な階級社会がありました。


Upper Class       上流階級Upper Middle Class    上流階級と中流階級の間   Middle Class       中流階級  Lower Class        下流階級 


伝統のあるヨーロッパではアメリカより更に階級意識が強いです。特に上の方の階級になるとその意識が強いです。またヨーロッパ文化の影響が強い中南米でも階級意識がたいへん強いです。




今後何度かに渡り 親子の関係 と 階級社会 について詳しく色々な事例を参考に説明していきたいと思います。なぜなら日本人が国際結婚する場合にこれらはたいへん重要なテーマだと考えるからです。








0 件のコメント